mail facebook twitter

閉じる

Search

インフィオレが生まれた街
サンフランシスコ
その近郊を訪ねて

インフィオレが生まれた都市、サンフランシスコ。
流行などに左右されず、クオリティ・オブ・ライフを
大切にする人々が集まる同市は、
アメリカの中でオーガニックや健康への意識が
最も高いとされています。
オーガニック文化が強く根づくインフィオレの
故郷・サンフランシスコとその近郊を旅します。

オーガニックが日常の街・
サンフランシスコ

サンフランシスコはカリフォルニア州の北部にあります。1960年代のヒッピー・ムーブメントから端を発し、カリフォルニア北部一体では独自のオーガニック文化が形成されました。自然と共生しながら、地元で収穫した良質な食材を食す。そんなライフスタイルを楽しむ基盤が、ここサンフランシスコで作られたのです。

街を歩けば、地元のベーカリーには在来種の小麦から作られたパンが並び、グローサリーにはべジタリアンやビーガンでも安心のオーガニック食品が充実。街のいたるところで、自然と環境を愛する意識を感じることができます。安心安全なものを選べる幸せがいつも近くにあるのが、サンフランシスコの魅力。質の良いものを取り入れ、自分自身を大事にする。健康的に人生を楽しむ大切さに気づかせてくれます。

サンフランシスコ近郊の
オーガニックライフ

サンフランシスコ近郊のペタルマやバークレーなどでも、ナチュラルな暮らしを垣間見ることができます。子どもの頃からエコロジー感覚に触れられる食育農園や、遺伝子組み換えなどを行なっていない農作物の種の専門店。サスティナブル農法で作られた地元食材を使用するレストランには、自然の生命力を感じる素朴な美味しさを求めて多くの人々が集います。

サンフランシスコの北東に位置するナパ・ヴァレーは、世界的なワインの産地。広大なぶどう農園を有し、約4,500のぶどう農家が栽培に取り組んでいます。無農薬有機農法で大切に育てられたぶどうからできたこの地域のオーガニックワインは、料理の美味しさをいっそう引き立てる贅沢な味わいです。このように、サンフランシスコやその近郊では人々がナチュラルな暮らしに慣れ親しんでおり、今もさまざまなオーガニック文化が発展を続けています。

そんなサンフランシスコ
だからこそ生まれた
インフィオレ

サンフランシスコにあるインフィオレのショールーム。黒を基調としたシックな店内には、インフィオレの商品ラインアップが並びます。黒いクルミの木の棚は、木工職人が手作りしたもの。サンフランシスコに根付くオーガニック文化と、磨き抜かれたジュリーのセンスが融合した、インフィオレの世界観を体現した空間です。

アメリカで販売されているオイルや練り香水。ずらりと並んだ商品には、植物の力を最大限生かして現代の女性を輝かせたいという創設者ジュリー・エリオットの想いが詰まっています。これからも、そんなジュリーの精神を凝縮したナチュラルでラグジュアリーな化粧品をつくり続けます。

Store

お取り扱い店舗一覧へ