mail facebook twitter

閉じる

Search

開花した人vol.06

Photo:ayumi sakamoto
Name
石村友見
Occupation
ヨガトレーナー
Photo:ayumi sakamoto  

ブロードウェイの舞台を目指してニューヨークへ

ブロードウェイの舞台を目指してニューヨークへ

ヨガトレーナーとして、ニューヨークを中心に各国で活躍する石村友見さん。体の各部位を元の位置(ゼロ)に戻すことで体形を美しく整え、不調を改善する「ゼロトレ」を考案し、多くの人の美と健康をサポートしています。
もともと舞台女優だった石村さんの人生はとてもアグレッシブです。中学生の時に夢見た劇団四季の舞台出演を20代で実現し、劇団四季を退団した後はブロードウェイを目指して単身ニューヨークへ。「こうしたい」と思ったことを圧倒的な行動力と強い意志で成し遂げています。
「渡米した時は、ブロードウェイ・ミュージカルの舞台に立つまで日本に帰らないと決めていました。オーディションには世界中から何千人も集まり、言葉の壁もあってかなりの難関であることは覚悟のうえ。歌や踊り、英語といくつものレッスンを受けてオーディションに参加し、アルバイトもしてというハードな日々を続けました。6年経ってもう無理かなとあきらめかけた時、『ミス・サイゴン』ミス・チャイナタウン役の合格通知が舞い込んだのです」
憧れのブロードウェイ・ミュージカル女優として刺激にあふれる日々を過ごしていた石村さん。「アメリカの俳優はオンもオフもパワー全開で、一瞬一瞬を心から楽しむんです。そして魂から歌って、毛穴から感情がにじみ出るような表現をする。見ていてエネルギーを感じるし、生きている実感をもらえました」

妥協を許さず、研究を重ねてメソッドを確立

妥協を許さず、研究を重ねてメソッドを確立

妥協を許さず、研究を重ねて
メソッドを確立

ブロードウェイ・ミュージカルの舞台に立つという夢を叶えると、本格的にヨガの道へ。劇団四季に在籍中、不調を吹き飛ばしてくれるヨガに魅せられた石村さんは、オーディションやレッスンを受ける一方でヨガの勉強に励み、講師の資格を取得。そして、「ゼロトレ」考案の転機が訪れます。
「あるレッスンを受けて、体がふっと軽くなり、痛みがなくなるという経験をしたんです。『これだ!』と直感しました。その実感をメソッドとして確立するために研究と実践を繰り返し、10年かけて完成させました」
年齢や職業に関係なく、誰でも同じメソッドで効果が出る「ゼロトレ」はすぐニューヨークで話題となり、日本にも広まりました。それでも、石村さんの胸の中にはモヤモヤしたものが残っていたといいます。
「レッスンを受けにくるのは健康な人。本当につらい思いをしている人にこのメソッドを届けたいという願いがありました」
そんなある日、ゼロトレの評判を聞きつけた出版社から書籍化の依頼が舞い込みました。これなら、直接レッスンを受けられない人にも、本を通して実践してもらえる。「皆さんの体と心が変わり、良い方向へ進むお手伝いができるのは本当にうれしい。そう実感できる今こそ、人生が開花した時なのかもしれません」

本来の自分を取り戻し、体も心もベストポジションに

本来の自分を取り戻し、体も心もベストポジションに

本来の自分を取り戻し、
体も心もベストポジションに

「ゼロトレ」は石村さん自身にも大きな変化をもたらします。
「それまでの私はアメリカ人に勝つために、ダイエットしたり、外国人の真似をしたり。自分の内面ではなく、外見ばかりに目を向けていました。でも大切なのは自分自身なんですよね。『ゼロトレ』で心もリセットすることで、本来の自分を取り戻すことができました。ありのままの自分でいい。そう思えるようになって、心がとても軽くなりました」
苦境に陥った時も「ピンチはチャンス」と考えて、決して立ち止まることはありません。「ニューヨークでは“Time is money”。悩む時間があるなら行動した方がいい。たとえ小さな動きでも、行動し続ければ必ず結果につながっていきますから」

そんな石村さんの次の目標は「教育」だそうです。
「知識があれば人生だって変えられます。ヨガの基本を学校教育に取り入れることができれば、子どもたちは早い時期から自分の体や心をコントールできるようになる。その後に待ち受ける苦しみや悲しみにも対処できると思うんです」
子どもは未来への希望。石村さんはきっとこの夢も叶え、未来を担う子どもたちの可能性を開花させてくれることでしょう。

ピンチはチャンス。
悩むよりまず行動することが大切

ピンチはチャンス。悩むよりまず行動することが大切

Q1あなたにとって
「美しさ」とはなんですか?

本来の自分を持っていること

「自分のいいところも悪いところもきちんと知り、それを受け入れることで、
強くて、揺るぎない美しさが光る」

Q2あなたが好きな花はなんですか?

かすみ草

「緑と白のコントラストが好きで、部屋にもよく飾っています」

Q3肌のお手入れ方法のポイントは?

保湿

「ニューヨークはものすごく乾燥するので、お肌の保湿と部屋の加湿は念入りにしています。野菜をたくさん摂ることも心がけていますね」

Pick up Item

クレンジングウォーター

「コットンに含ませてふきとるだけで洗顔完了という発想に驚きました。コットンが黒くなるくらい汚れをしっかりふきとってくれるのがうれしい!香りも良くて、香りでもキレイになるというコンセプトにも納得です」

インフィオレ クレンジングウォーター

Archives

Other column

夏の肌みがき

Brand Story

インフィオレが生まれた街
サンフランシスコとその近郊を訪ねて

吉川千明さんのオーガニックビューティーのすすめ

オーガニックビューティーのすすめ

吉川千明さんが語る、オーガニックの魅力についてのコラムです。

開花した人

開花した人

vol.7 綱川禎子さん(フローリスト)の「開花した人生」に迫ります。

創設者ジュリー・エリオットが語る、インフィオレ

創設者が語る、インフィオレ

創設者のインタビューから、インフィオレに込めた想いをひも解きます。

Store

お取り扱い店舗一覧へ